Blog

昔から栄養価の高い果物とスムージーで

毎日小さい時から朝の食事として食べ続けている果物としてりんごがあります。りんごは、昔から栄養価が高く、水分補給としても重用され風邪などひいて食事がまともに食べれなくなった時などりんごを絞って食したりするなど重用されています。

りんごの栄養価が高く特にカリウムの成分が多い果物です。
私が、りんごを朝からなぜ食べるかというと一番には、癖がなくあっさりしていて食べやすいためです。夜寝ている時など水分が体からずいぶんと出ていて、特にその中には、体の筋肉を動かすためまたは、神経の動きに必要なカリウムが含まれていることが多いのです。私が、カリウムになぜこだわるかというと一度原因不明の下痢と嘔吐を繰り返し脱水を起こし、低カリウム症となり突然倒れるということがあり、毎日主にトイレに行く時などが、倒れるということから杖をおいて掴まるというようなことがありました。一番怖いのは、低カリウム症で倒れるとその時の記憶がないということでした。そういうことがあり、カリウムを摂取することにこだわりました。そのことで一番は、嘔吐や下痢がなくなったということもありますが、極力カリウム値の高いりんごを食べるようになりました。

続けられることです。
毎日続けるとまず、飽きてくるというのもありますが、りんごは、あっさりしていて食べやすいのでとても朝から食べるのに適しているというのもありますし、朝から重たい物を受け付けないのですが、りんごだと受け付けるのです。

シンプルな皮をむいたりんご
一番の食べ方は、皮をむいただけのりんごでこれが一番手間も要らず食べやすいのです。体を壊して食べ物を受け付けない状況でもりんごを擦ったものなど液状化して食べやすいです。りんごにもいろいろ種類がありますが、私の場合こだわりがなく青りんご以外は、特に産地のこだわりはありません。こだわればよりおいしいりんごの産地などあると思うのですが、そうすれば自分を縛る結果となるのでこだわらないようにしています。
とにかくリンゴは昔からダイエットとして多く利用され、スムージーとしても人気のある果物。